痩せ型さんにおすすめのナイトブラランキング ≫

なぜ冷え性はバストアップできないの?【冷え体質から温体質になる方法】

4 min 295 views

冷え性はバストアップの大敵というお話を聞いたことがありますか?

バストアップしたいなら冷えには十分注意が必要です。

冷え性は、血行不良を起こしたり女性ホルモンを乱すため、胸の成長に悪影響を及ぼします。

困ったちゃん

困ったちゃん

どうして冷え性はバストアップできないの?

困ったちゃん

困ったちゃん

冷え性を改善してバストアップしやすい体質になるにはどうすればいい?

ここでは、「冷え性はなぜバストアップできないのか」、また「冷え性を改善してバストアップしやすい体質になる方法」まで詳しく解説しています。

冷え性から温体質になれれば、血行が良くなり、女性ホルモンの分泌が整い、バストが育ちやすくなります。

バストアップを目指したいのなら冷え性を改善するように心がけましょう。

\冷え体質を改善するには?/

なぜ冷え性だとバストアップできないの?

なぜ冷え性だとバストアップできないの?
悩みちゃん

悩みちゃん

なぜ冷え性の人はバストアップできないの?

冷え性だとバストアップできない原因は3つあります。

  1. 血行不良になるから
  2. ホルモンバランスが乱れるから
  3. 脂肪がお腹や下半身にばかりつくから

これらがどのようにバストアップに関係しているか、それぞれ詳しく解説します。

血行不良になるから

バストアップするには、酸素・栄養が欠かせません。酸素・栄養を運んでくるのが血液です。

冷え性の人は、体温が低くなり、血行不良になってしまう傾向があります。

血行不良により、栄養と酸素が枯渇し、バストの成長を妨害してしまうのです。

引用元:「東京美容外科HP

ホルモンバランスが乱れるから

また、体温が低くなると、ホルモンを多く分泌する、子宮なども冷え込んでしまい、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

ホルモンバランスが乱れると、バストダウンしてしまうことにも繋がってくるので、冷え性とバストの関連性はとても強いと言えます。

引用元:「東京美容外科HP

脂肪がお腹や下半身にばかりつくから

体が冷えると脂肪がお腹や下半身につく理由。それは、お腹や下半身には内臓がたくさん詰まっていて、それを守ろうとするからです。

子宮・卵巣・腸などが冷えると、体が危険を察知し、脂肪をつけて温めようとします。

よって、お腹から下半身にかけては簡単に脂肪がつくのに、胸には全くつかないのです。

引用元:「ピーグランディ心斎橋店(p Grandi)のブログ

冷え体質から温体質になる方法【上半身痩せ型の人必見】

冷え体質から温体質になるには?【上半身痩せ型の人必見】

痩せ型さんがバストアップするための方法という記事にあるように、痩せ型さんが胸に脂肪がつかない理由の1つに「冷え」が大きく関係しています。

ポイント

ポイント

体脂肪率が低い痩せ型さんは冷え性の人が多いんだよね!

ですから、上半身痩せ型の人は特に「冷え」とはうまく付き合っていく必要があります。

また、冷え性だとなぜバストアップできないのかは先程お話しました。

ポイント

ポイント

血行不良になって酸素や栄養が運ばれなくなる、ホルモンバランスが乱れてバストダウンに繋がるからだったよね!

ではここからは、冷え体質から温体質になってバストアップしやすい体質になるにはどうしたら良いのかを詳しくお話していきます。

体を冷やさない

冷え性の人は1日中なるべく体を冷やさないことが大切です。

外に出かける時も首にマフラーやストールなどを巻いたり、厚めの服を着るようにしましょう!

  • 腹巻を巻いて内臓を温める
  • 5本指靴下で過ごしてみる
  • 着圧ソックスを履いてみる
  • 首元を温かくする
  • 露出の多い服装は避ける
  • いつでも羽織れる物を持ち歩く 

アイスや冷たい飲み物などは、急激に体が冷える物もなるべく避けたほうがいい良いです。

お風呂上がりは、体が冷えやすい状況なので、注意が必要です。

引用元:「東京美容外科HP

シャワーだけの生活をやめ正しい入浴方法をする

温かいお風呂に入ると血行が良くなり、体が温まります。しかし間違った入浴方法で、かえって冷えを招く場合もあります。

38度から40度くらいのお湯の温度で、15分ほどじっくり浸かるのがおすすめです。

全身の血行が良くなり、身体がじんわりと温まっていきます。

シャワーで済ませてしまっている人は今すぐシャワー生活を辞め、毎日しっかり湯船に浸かりましょう。

睡眠時間を長めにとる

睡眠時間を取ることはとても大切です。睡眠をおろそかにすると、ホルモンバランスが乱れます。

睡眠を取ると、体が温まり、血行が良くなります。そのため多めに取ることが大切です。

また、22時〜夜中2時の間に睡眠についていると、ホルモン多く分泌され、バストアップが望めます。

22時には熟睡ができるように、睡眠1時間前にはスマートフォンなどの液晶を見ないようにし、21時にはベッドに入りましょう!

引用元:「東京美容外科HP

就寝時はナイトブラを着用する

寝るとき、ノーブラで寝る方もいるでしょう。

締め付けから解放されて気持ち良いのは分かりますが、夜はナイトブラの着用をおすすめします。

ナイトブラを着用することで、バスト周りを冷やさず、睡眠を取ることができるのです。

また、ナイトブラで、バストの形を形成することにより、形がとても綺麗になり、バストアップに繋がります!

普段ノーブラで寝ている人は習慣化に時間がかかるかもしれませんが、着用することで、「血行が良くなる」「バストアップが期待できる」のであれば、頑張って習慣化にしてみてください。

引用元:「東京美容外科HP

適度な運動をする

運動を行うことで、体が温まり、血行が良くなります。

ウォーキングや、ヨガ、ストレッチだけでもいいので、適度に運動を行いましょう。

ランニングでもいいのですが、激しめの運動を行う時は必ずスポーツブラ(または運動時も着用可能なナイトブラ)を使用しましょう。

バストが動きすぎると、バストの脂肪が、燃焼し、小さくなってしまう可能性があります。

胸筋を鍛えながら、運動を行うと、バストが小さくなる心配なく、運動に打ち込むことができるので、運動+胸筋の筋トレを行いましょう。

引用元:「東京美容外科HP」

体を温めやすい食事を摂取

冷え性を和らげるには、体の中に取り入れる日々の食事や飲み物が重要です。

体を温める食べ物には、「冬が旬、寒冷地で育つ、地中で育つ、暖色系、水分が少ない、発酵食品」という特徴があります。

具体的に、「ニンジン、カボチャ、タマネギ、レンコン、ゴボウ、ジャガイモ、自然薯、玄米、鮭、納豆、キムチ」などがあります。

体の芯まで冷えて、体を温めたい時に飲むと良いものは、「紅茶、ウーロン茶、ゴボウ茶、ココア、黒豆茶、赤ワイン、ショウガ湯、ショウガ紅茶」などがあります。

体を温める食べ物を毎日の食事に取り入れて、上手に冷え性対策をしましょう。

引用元:「ココカラクラブ

バスト付近のマッサージをする

バスト周りをマッサージすることで女性ホルモンの分泌や血流・リンパの促進効果が期待でき、バストアップ効果が期待できるだけでなく、冷え性も改善できます。

お風呂に入っているときは全身の血行が良くなっているので、胸にも栄養が行き届きやすくなっているといえます。

また、お風呂中のマッサージは新陳代謝を高め、女性ホルモンや成長ホルモンの分泌を促すとも言われています。

引用元:「東京美容外科HP

マッサージは面倒ですが、日々の生活習慣の一部にしてしまえば苦でなくなるはずです。

冷え体質改善に加えバストアップ効果を同時に発揮できるのでがんばりましょう!

以上が、冷え体質を改善してバストアップしやすい体質になる方法です。

どれも今日から始められることばかりだと思います。

簡単に実践できるものもあると思うので、ぜひ今日から実践し、冷え性と向き合い、美しいバストを手に入れましょう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です