痩せ型さんにおすすめのナイトブラランキング ≫

ガリガリ痩せ型さんがバストアップするための方法10【最新版】

8 min 614 views

ここでは「痩せ型さんはどうしてバストアップできないのか」、また、「痩せ型さんがバストアップするための方法」までを詳しくお話します。

困ったちゃん

困ったちゃん

胸やデコルテだけでなく、身体全体的が女性らしさに欠けたガリガリ体型で自分に自信が持てない。

困ったちゃん

困ったちゃん

今まで女性らしい愛されボディに憧れ、いろいろな方法を試したけれどイマイチ効果が出ない。

ガリガリの痩せ型で、なかなかバストアップできずに悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。

ここで紹介する10のポイントをしっかり抑えて、男性だけでなく女性からも羨ましがられるメリハリボディを手に入れましょう!

女性らしいボディを手に入れることができたら、自分に自信がつくだけでなく、毎日ハッピーに過ごすことができますよ☺︎

\今すぐバストアップ法をチェック/

目次

痩せ型さんがバストアップできない(胸に脂肪がつかない)理由はこの9つ

痩せ型さんがバストアップできない(胸に脂肪がつかない)理由はこの8つ
悩みちゃん

悩みちゃん

どうして痩せ型だとなかなかバストアップできないの?

そもそもガリガリ痩せ型さんは、どうして胸に脂肪がつかないのでしょうか。原因はいくつかあります。

  1. 体脂肪率が低い
  2. 冷え性
  3. 乳腺の発達不足
  4. 女性ホルモンが足りていない
  5. 睡眠不足
  6. バストに良い栄養の不足
  7. 日頃から姿勢が悪い(猫背)
  8. サイズの合っていないブラを着用
  9. 肋骨がつぶされ、全体的に下がり横にも広がっている

これらに当てはまっていると、なぜバストアップできないのか(胸に脂肪がつかないのか)、詳しく解説しますね!

お話の後半にはその解決法もお話しますので、最後までお付き合いください。

バストアップできない理由①【体脂肪率が低い】

バストアップできない理由①【体脂肪率が低い】

体脂肪率が低いと身体によくない影響を及ぼし、バスト成長の妨げにも繋がってしまいます。

またダイエット中で食事制限をしている方は胸に栄養が行き届きにくいため、バストアップは期待できないでしょう。

痩せ型の人が胸にボリュームを出すには、栄養のある食事でまずしっかりと脂肪をつけましょう。

正しい段階を一歩ずつ踏んで、バストアップを目指しましょう。

引用元:「チュリップ(Tulipe)のブログ

バストアップできない理由②【冷え性】

バストアップできない理由②【冷え性】

脂肪が少ない痩せ型さんは冷え性の人が多いです。あなたはどうですか?

体が冷えると脂肪がお腹や下半身につく理由。それは、お腹や下半身には内臓がたくさん詰まっていて、それを守ろうとするからです。

子宮・卵巣・腸などが冷えると、体が危険を察知し、脂肪をつけて温めようとします。

よって、お腹から下半身にかけては簡単に脂肪がつくのに、胸には全くつかないのです。

引用元:「ピーグランディ心斎橋店(p Grandi)のブログ

また、冷え性の人は、体温が低くなり、血行不良になってしまう傾向があります。血行不良により、栄養と酸素が枯渇し、バストの成長を妨害してしまうのです。

体温が低くなると、ホルモンを多く分泌する、子宮なども冷え込んでしまい、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

ホルモンバランスが乱れると、バストダウンしてしまうことにも繋がってくるので、冷え性とバストの関連性はとても強いと言えます。

引用元:「東京美容外科HP

バストアップできない理由③【乳腺の発達不足】

バストアップできない理由③【乳腺の発達不足】

バストは9割の脂肪と1割の乳腺で形成されています。

脂肪を増やせば胸も大きくなると思っている方が多いですが、残り1割を占める乳腺を発達させなければ意味がありません。

脂肪は乳腺を守るために存在しているため、乳腺が発達することで脂肪の量が増え、バストが大きくなっていきます。

つまり、バストを大きくするには乳腺を発達させる必要があるということです。

乳腺を発達させなければ、乳腺を守ろうとする脂肪が集まらないのです。

引用元:「東京美容外科HP

バストアップできない理由④【女性ホルモンが足りていない】

バストアップできない理由④【女性ホルモンが足りていない】

上記にて、乳腺がバストアップに大切だということをお話しました。

その重要な乳腺を発達させるのは、女性ホルモンです。

女性ホルモンの分泌量が増えると、乳腺は発達します。

女性ホルモンの分泌量を増えることで乳腺が発達し、乳腺が発達することでバストが大きくなる。

これが、バストが大きくなる仕組みです。

引用元:「東京美容外科HP

バストアップできない理由⑤【睡眠不足】

バストアップできない理由⑤【睡眠不足】

上記にて、女性ホルモンの分泌量が増えればバストが大きくなると解説しましたが、次はその女性ホルモンと睡眠の関係です。

睡眠の質と量は女性ホルモンの分泌量に大きく影響します。

なぜなら、女性ホルモンが1日の中でもっとも分泌される時間帯は、夜の睡眠時間(22時〜2時)だからです。

この時間帯にしっかり睡眠を取れている女性は、女性ホルモンがしっかりと分泌されています。これが、睡眠と女性ホルモンの関係です。

引用元:「東京美容外科HP

バストアップできない理由⑥【バストに良い栄養の不足】

バストアップできない理由⑥【バストに良い栄養の不足】

マッサージや筋トレ、ナイトブラなど実践できるバストアップの方法は色々なものがありますが、規則正しいバランスのとれた食生活で、体の内側からアプローチすることも大切です。

バランスの悪い食生活を送っている場合、バストにも悪い影響を与えることがあります。

大切なのは、栄養バランスを整えることです。

乳腺を発達させるために、女性ホルモンの分泌を助ける「イソフラボン」を多く含んだ食事を心がけましょう。

タンパク質やビタミンEなどの摂取を意識しつつも、脂質、糖質、食物繊維、ビタミン、ミネラルといった体にとって必要なものをバランス良く摂取していくよう心がけて下さい。

引用元:「東京美容外科HP

バストアップできない理由⑦【日頃から姿勢が悪い(猫背)】

バストアップできない理由⑦【日頃から姿勢が悪い(猫背)】

姿勢が悪いと血流のめぐりが悪くなり血行不良になり、胸に栄養が行きません。

バストアップに必要な栄養は血液によって運ばれます。

猫背のままではバストに本来運ばれるはずであった栄養や女性ホルモンが減少します。

バストを形成してくれる栄養や女性ホルモンの不足は、バストの成長を妨げることになり、バストアップどころかバストが小さくなってしまう原因になるのです。

引用元:「東京美容外科HP

バストアップできない理由⑧【サイズの合っていないブラを着用】

バストアップできない理由⑧【サイズの合っていないブラを着用】

サイズの合わないブラもバストが小さくなる悪習慣の1つで、意外に多くの女性に見られる原因です。

小さ過ぎるサイズのブラを着用してしまっていると、バストや体を締め付けことで血流の悪さを招いてしまいます。

血流の悪いバストには栄養も届かなくなってしまい、その結果バストの脂肪が減少してしまうのです。

逆に、サイズが大き過ぎるブラを着用してしまっていると、バストが脇や背中に流れてしまい、結果的にバストが小さくなってしまいます。

引用元:「東京美容外科HP

バストアップできない理由⑨【肋骨がつぶされ、全体的に下がり横にも広がっている

肋骨がつぶされ、全体的に下がり横にも広がっている

悪い姿勢や運動不足により筋力が低下することで、肋骨は正しい位置をキープできずどんどん下がってきてしまいます。

また、肋骨は猫背や巻き肩による圧に耐えられず、横に広がります。

肋骨が横に広がっている場合、必然的にアンダーバストが太くなり、バスト自体も横にも広がり、小さく平なバストになってしまいます。

以上のようなことが原因で、痩せ型さんは胸に脂肪がつきにくいのです。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、これら①〜⑨の原因は全て繋がっています。

1つ改善したからといってバストが成長するわけではありません。少しずつでいいので全て改善していきましょう。

これらをふまえて、ガリガリ痩せ型さんがバストアップするための方法をまとめました。

ガリガリ痩せ型さんがバストアップするための方法10【最新版】

ガリガリ痩せ型さんがバストアップするための方法10【最新版】

先程お話した「痩せ型さんがバストアップできない理由8つの改善策」、また「痩せ型さんがバストアップするために大切なポイント」は以下のとおりです。

  1. 冷え体質を改善して血行促進
  2. 血行促進するためにマッサージ
  3. 筋トレで土台作り
  4. 乳腺を発達させる
  5. 女性ホルモンをコントロールする
  6. 睡眠の質を上げる
  7. バストに良い食事を摂る
  8. ナイトブラ、育乳ブラを着用する
  9. 正しいサイズのブラを着用する
  10. 肋骨を締めてバストアップ

では、これらのポイント1つ1つを詳しく解説しますね!

痩せ型さんがバストアップする方法①【冷え体質を改善して血行促進】

痩せ型さんがバストアップする方法①【冷え体質を改善して血行促進】

バストアップしたいならまず体を冷やさないことから始めましょう。

先程お話したとおり、冷え性は胸に脂肪がつきにくいです。

冷え体質を改善するには
  • 適度な運動を行う
  • マッサージをする
  • ストレスを緩和
  • 睡眠時間を長めにとる
  • 体を冷やさない努力をする
  • ナイトブラを着用する

冷え体質から温体質になって、バストが育ちやすい環境を作ってあげることが大切です。

冷え体質から温体質になる方法については下の別記事で詳しく解説していますので、ご覧になってみてください。

痩せ型さんがバストアップする方法②【血行促進するためにマッサージ

痩せ型さんがバストアップする方法②【血行促進するためにマッサージ】

お風呂に入っているときは全身の血行が良くなっているので、胸にも栄養が行き届きやすくなっているといえます。

またお風呂中のマッサージは新陳代謝を高め、女性ホルモンや成長ホルモンの分泌を促します。

バストマッサージで覚えておきたいのが、「外側から内側に向かう」「バストは下から上へ持ち上げるようにする」ことです。

まず右手で左胸の下から谷間を通り、斜め上に向けてやさしくなで上げます。

次に右胸も同じようにし、左右交互に8の字を描くように10回ずつやってみましょう。

胸全体の乳腺やリンパを刺激するイメージでおこないます。

効果的なバストマッサージについては以下の記事で詳しく説明していますのでご覧ください。

引用元:「東京美容外科HP

痩せ型さんがバストアップする方法③【筋トレで土台作り

痩せ型さんがバストアップする方法③【筋トレで土台作り】

筋トレによってバストアップを望めますが、短期間では効果が出づらく、ある程度の期間が必要です。

よって、毎日少しずつバストの土台作りをしていきましょう。

効果的なバストアップ筋トレについてはこちらの記事で詳しく解説していますのでご覧になってみてください。

痩せ型さんがバストアップする方法④【乳腺を発達させる

痩せ型さんがバストアップする方法④【乳腺を発達させる】

乳腺を発達させるには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という女性ホルモンの働きにより発達します。

この2種の女性ホルモンは卵巣内から分泌されるもので、月経から排卵までの卵胞期にエストロゲンの、排卵後から次の月経までの黄体期にプロゲステロンの分泌量が増えます。

これらのホルモンの分泌を妨げないことが乳腺の発達ひいてはバストアップにつながります。

乳腺を発達させるには
  • 良質な睡眠
  • 自律神経の調子を整える
  • ナイトブラの着用
  • タバコとコーヒーを控える、やめる
  • 乳腺の発達に役立つ食べ物を食べる
  • 筋トレ、マッサージ、ツボ押しをする

引用元:「東京美容外科HP

乳腺を発達させるために重要なポイントについて、詳しくはこちらの記事で解説しています。ご覧になってみてください。

痩せ型さんがバストアップする方法⑤【女性ホルモンをコントロールする

痩せ型さんがバストアップする方法⑤【女性ホルモンをコントロールする】

女性ホルモンは女性らしい体を形成・維持するのに必要不可欠なもので、放っておくとバランスが乱れ、量も減ってしまいます。

女性ホルモンをコントロールするには
  • バランスの良い食事
  • 良質な睡眠
  • 体を積極的に動かす

女性ホルモンをコントロールする方法はこちらの記事で詳しく解説していますので、ご覧になってみてください。

痩せ型さんがバストアップする方法⑥【睡眠の質を上げる

痩せ型さんがバストアップする方法⑥【睡眠の質を上げる】

女性ホルモンの分泌量に大きく影響する睡眠、女性ホルモンの分泌量が増えることで大きくなるバスト。この関係性が、バストと睡眠のもっとも大きな関係性です。

睡眠の質を上げるには
  • 22時〜2時の時間帯に睡眠を取る習慣をつける
  • 仰向けで寝る
  • ナイトブラを着用する
  • パジャマや寝間着で寝る

1日の3分の1を占める睡眠時に、バストのケアができていないということは、非常に大きな問題です。

睡眠の質を上げるポイントはこちらの記事で詳しく解説していますので、ご覧になってみてください。

痩せ型さんがバストアップする方法⑦【バストに良い食事を摂る】

痩せ型さんがバストアップする方法⑦【バストに良い食事を摂る】

乳腺を発達させるためには、女性ホルモンの分泌を助ける「イソフラボン」を多く含んだ食事を心がけましょう。

イソフラボンは、豆乳や豆腐などの大豆を使用した食品に多く含まれています。

また、良質のたんぱく質が含まれる「チーズやヨーグルト」、他にも「鶏肉」、「ナッツ類」なども、イソフラボンの吸収を高め、バストアップをはじめ、健康な素肌に効果のある食品であるため、毎日の生活の中で意識して摂取するようにしましょう。

引用元:「東京美容外科HP

バストアップに良い栄養素についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ご覧になってみてください。

痩せ型さんがバストアップする方法⑧【ナイトブラ、育乳ブラを着用する】

痩せ型さんがバストアップする方法⑧【ナイトブラ、育乳ブラを着用する】

どの体勢でもバストに悪影響を与える睡眠の体勢ですが、それを解消してくれるのがナイトブラです。

現在販売されているナイトブラは、睡眠時の姿勢を考慮してバストを守るために作られたブラの構造になっています。

ナイトブラは寝返りをうっても胸が大きく動かないように、上下左右からバストをサポートしてくれるのです。

日中に着用しているブラでは上下の重力からしかバストを守れないため、必ずナイトブラを着用するようにしましょう

引用元:「東京美容外科HP

ガリガリ痩せ型さんにおすすめのナイトブラはこちらの記事で詳しく解説していますのでご覧になってみてください。

痩せ型さんがバストアップする方法⑨【正しいサイズのブラを着用する】

痩せ型さんがバストアップする方法⑨【正しいサイズのブラを着用する】

できればすぐにでもブラのサイズを見直しましょう。私は大丈夫、と思っている女性も安心できません。

ブラのサイズや形がバストに合っていない女性は、実に半数以上もいるといわれています。

これまでもここで解説してきた通り、女性の体やバストは様々な要因で大きさや形が変化します。

1度測ったから大丈夫と安心していても、半年後にはサイズが変わっているということもしばしば。

きちんと自分に合ったブラを着用しましょう!

引用元:「東京美容外科HP

正しいサイズのブラの選び方についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ご覧になってみてください。

痩せ型さんがバストアップする方法⑩【肋骨を締めてバストアップ】

肋骨を締めてバストアップ

バストアップには、下がった肋骨を正しい位置に矯正することも大切です。

肋骨が広がってボッコリ出てきてしまっていませんか?

肋骨を締めることでくびれが出来るだけでなく、アンダーバストはダウンし、トップの位置がアップします。

ウエストのくびれとの差により、バストがくっきり、大きく見えるという視覚的な効果が生まれます。

肋骨締めについて詳しくは下の記事にて詳しく解説していますので、ご覧になってみてください。

以上が、ガリガリ痩せ型さんがバストアップするための方法10選です。

ガリガリ痩せ型さんがバストアップに成功するコツ

バストアップは、少しづつ小さな変化を重なり、気づいたらいつの間にか大きな変化に繋がっていたという場合がほとんどです。

ですから、あともう少しで結果が出る!というところで諦めてしまうのはもったいないです。

ガリガリ痩せ型で小さなバストに悩んでいるのは自分だけではなく、同じように悩んでいる人も沢山います。

その中で成功している人の共通点は、諦めずにコツコツとバストケアを習慣化して、頑張っている人たちです。

バストケアを毎日の習慣にする

ガリガリ痩せ型さんは、普通体型さんよりもバストアップしにくい体質です。

だからこそ、バストケアを毎日の習慣にして、しっかりケアしていくことが大切です。

みなさんは毎日歯磨きしたり、お風呂に入ったり、顔を洗ってスキンケアをしますよね?

同様に、バストケアも習慣の一部としてしっかりとケアしていきましょう。

  • 時間が無いから
  • 面倒だから
  • どうすればいいか分からないから
  • もう諦めてるから…

こんな理由でバストケアを怠るのはもったいないです!

毎日歯磨きする、お風呂に入る、スキンケアすると同じように、バストケアも毎日のルーティーンに取り入れてみてくださいね!

誰もが憧れる田中みな実さんの名言「おっぱいまでが顔」という言葉をご存知でしょうか。

田中みな実さんがおっしゃる通り、バストもスキンケアと同様にケアしてあげることが大切です。

かといって、バストケアがストレスになってしまっては逆効果です。

ストレスから自律神経の乱れを招くと、女性ホルモンの分泌の低下を招き、それがバストアップの妨げとなります。

自分のガリガリで痩せ型な体型に不満を持つのは辞めて、自分を労り、ストレスを感じない程度に楽しみながらバストアップを頑張っていきましょう!

\痩せ型さんがバストアップする方法/

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です